BM_logo_Horizontal_negative

電話03-6439-3744

9:30〜18:00 (土日祝 除く)

お問合せフォームへ
デジタル化による上映素材の運用の変化
 
映画館のデジタル化と並行し、上映素材もフィルムからDCPに移り変わっていきました。
配給と興行の運用も大きな転換期を迎え、現在ではデジタルでの運用が定着しましたが、海外ではデジタル化のメリットをさらに活かした効率的な運用が進められています。
今回は上映素材の運用の変化について、海外のケースも含めてご紹介いたします。
 
 

aam_brom_positive_color

HubSpot Video

映画館のデジタル化と並行して、上映素材はフィルムからDCPに変わりました。
それまで長期に渡って続いてきた配給と興行の運用も大きな転換期を迎え、現在ではデジタルでの運用がすっかり定着しています。
しかし、HDD等メディアの発送作業・管理・メディアを直接サーバに挿入してのインジェスト作業など、未だ煩雑な業務が残っているのも現状です。

海外では映画館がデジタル化されたメリットを最大限活用する形で、更なる効率化が進んでおり、エコへの取り組みも求められる昨今において、上映素材(DCP)の納品もすでに”HDDの物理輸送”から”衛星・IP網での配信”へと切り替わっています。
今後、日本の運用はどう変化していくのでしょうか。

本日は上映素材の変遷と今後の運用の在り方を、海外のケースも含めてご紹介いたします。

Arts Alliance Media社 TMS導入映画館様


当社提供のTMSは、多くの映画館様にてご利用いただいています。(以下は一部です)
導入いただいているお客様のロゴ
triangle_down_white
お気軽にご相談ください

  • 映画館用上映管理システムに関するご質問、お問合せはこちらからお願いいたします。

ブロードメディア(当社)について

当社では、インターネットを使いビジネス上の課題解決を考える多くの企業へ、インターネットにまとわるリスクを回避し、信頼性のあるプラットフォームとして活用できるようにお手伝いします。

当社では、映画館様向けに上映管理システム(TMS)ネットワーク配信サービスをご提供しています。

Broadmedia ロゴ